SERVICE皮膚科・アレルギー科

赤ちゃんからお年寄りまで幅広く皮膚疾患の治療を行います。 赤ちゃんからお年寄りまで幅広く皮膚疾患の治療を行います。

当クリニックでは赤ちゃんからお年寄りまでの皮膚疾患の治療を幅広く行っております。内服、外用治療に加えて光線療法も行っております。また、処置室にて血液検査、創傷治療、熱傷治療、母斑や表皮のう腫などの切除をすることが可能です。
自費診療になりますが美白用のハイドロキノロン軟膏、男性型脱毛症のプロペシア、ザガーロを取り扱っております。また、巻き爪のプレート治療も行っておりますので、お悩みの事があればお気軽にご相談ください。

身近な皮膚疾患のご紹介

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が身体にできて、症状が良くなったり悪くなったりと繰り返しながら続く、強いかゆみを伴う疾患です。かゆみの症状がひどいため、寝不足・集中力の低下・目立つ部分に症状が出た時の精神的負担など日常生活に支障をきたすこともあります。
    アトピー性皮膚炎の治療は、スキンケア・アレルギー反応の抑制・炎症の抑制を目的として、薬による治療を中心に行います。個人の状態に合った治療を続けることが大切です。

  • 水虫(白癬菌)

    一般的に呼ばれる「水虫」というのは、白癬菌というかびの感染症です。足だけでなく髪や爪にも感染することもあります。抗真菌剤などの薬による治療を的確に行うことで完治する皮膚病です。
    しかし、「足がかゆい」「皮膚がふやけている」など、水虫と似た症状の皮膚病は多数あります。検査を行わず市販の薬を使ってしまうと悪化する可能性もありますので、必ず専門の医療機関で検査を行い、原因がはっきりした上で治療を行うことが大切です。

  • じんましん(蕁麻疹)

    じんましんとは、さまざまな原因で真皮にあるマスト細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されることにより、腫れやかゆみを起こした状態のことを指します。
    一般的には、食べ物を食べてじんましんが出たといったイメージが多いようですが、食事をはじめとして、薬物・ハウスダスト・ダニ・カビ・温度変化・日光・機械的刺激・ウイルス感染・ストレスなど様々な要因が関係しています。現状では、検査しても原因不明のことも多いです。
    じんましんの治療は抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤などの飲み薬を中心に、かゆみを抑えるための塗り薬などを併用して行います。

  • いぼ・水いぼ

    いぼは、皮膚のウイルス感染や、加齢により生じます。全身どこにでもでき、大人も子供もできますが、水いぼはお子様に多い病気です。治療では、液体窒素療法・いぼ焼灼法のほか、内服、外用薬などを併用することもあります。治療は痛みを伴うものもありますので、根気よく治療を続けることが大切です。

  • 帯状疱疹(たいじょうほうしん)

    帯状疱疹とは、水痘・帯状疱疹ウイルスというヘルペスウイルスの一種が引き起こす皮膚の病気のことで、ウイルスの名前からも分かるように、みずぼうそう(水痘)の原因ウイルスと同じです。幼少期にかかったみずぼうそうのウイルスが体内の神経節に潜伏しており、免疫力が低下した際などに、神経を通して皮膚に赤みをおびた水疱が、体のある一部に帯状に現れます。強い神経痛が起こることもあります。
    50~70代がもっとも発症しやすいといわれますが、年齢に関係なく、みずぼうそうにかかった人であれば発症します。一度かかると免疫がつき再発の可能性は低いとされますが、「帯状疱疹後神経痛」という後遺症に悩まされたり、免疫力が極端に下がった際に再発することもあるので注意が必要です。

  • 脱毛症(AGA・円形脱毛症)

    同じ脱毛症でも、種類によって原因や症状も異なります。「AGA(男性型脱毛症)」は、20代後半から30代に症状を自覚することが多い、比較的頻度の高い脱毛症です。男性ホルモンの乱れが原因で、徐々に毛が薄く軟毛化していきます。脱毛部の形状はM字やO字が多く見られ、自然治癒することはありません。
    対して、「円形脱毛症」は、自己免疫異常が原因で引き起こされます。特定の部位はなく、主に円形で、脱毛部位の境界もはっきりしているものが多く、自然治癒することもあります。
    比較的軽症のケースであれば、まず内服薬や塗り薬による薬物治療が行われます。軽症であれば、治療開始後すぐに発毛が見られることもありますので、お早めにご相談ください。(※自費診療となります。)

  • 乾癬(かんせん)

    乾癬の典型的な症状として、皮膚から少し盛り上がった部分に赤い発疹ができ、その上に鱗屑と呼ばれる銀白色のフケのようなものが付着し、ポロポロとはがれ落ちていきます。乾癬による発疹は全身に出ますが、皮膚がこすれる場所(肘・膝・腰のまわり・頭)に特に出やすいという特徴があります。「尋常性乾癬」「関節症性乾癬」「乾癬性紅皮症」「膿疱性乾癬」の4つに分けられ、多くの患者さまが「尋常性乾癬」といわれています。
    身体の目立つ場所に乾癬ができたときは、周囲からの視線が気になることもあるかもしれませんが、人に伝染することはありません。周りの人が正しい知識を持つことがとても大切です。

  • 巻き爪

    巻き爪とは、足の指にある爪の両端の先端部が、強く内側に湾曲した状態を言います。 巻き爪になるのは、負担のかかりやすい親指の爪であることが多いのですが、その他の指の爪も巻き爪になることがあります。進行すると、爪が皮膚に食い込み、激しい痛みを伴います。
    当クリニックでは、プレートを用いた巻き爪治療を行っております。ほとんどの巻き爪に対応可能な、効果的な矯正治療ですので、巻き爪でお悩みの方はぜひご相談ください。(※自費診療となります。)